ネオ仏法とは

ネオ仏法の概観

仏教的精神を基礎にしてはいますが、いわゆる「仏教」に限定されるものではありません。宇宙を貫いているところの永遠の真理を「仏法」と呼びます。

その仏法を新時代(地球時代・宇宙時代)に適合できる法としてアップデートを行い、世界の主要な思想・宗教・スピリチュアル・哲学を弁証法的に総合することを目指しています。

弁証法的に総合することによって、各思想・宗教・スピリチュアル・哲学はその個性の本質部分を存続させたまま、かつ、争いではなく「切磋琢磨」というカタチで手を携えていくことができる、と考えています。

いわば、地球レベルでの「絶対矛盾的自己同一」です。

また、政治・経済・経営・心理・学問・芸術…など、あらゆる人間の営みは、「仏法の現象世界における具体化作用」であると捉えます。

ゆえに、まず仏法があり、その下部構造として政治などの各分野がある、という位置づけです。

ネオ仏法では、仏法のアップデートのための基礎理論を構築し、かつ同時に、その理論が新時代における各分野・領域の基礎づけ・方向付けともなるようにする、という射程距離を構想しています。

具体的には、まず、

  1. 小乗仏教(正)→大乗仏教(反)→ネオ仏法(合)という順序で弁証法的に総合し、真の意味での仏教のアップデートを行う
    *仏教のアップデートを謳っている学者・僧侶は幾人かいらっしゃるようですが、成功しているように思えません。
  2. ネオ仏法の観点から、キリスト教/イスラム教のアップデートを行う

という順をとります。

これが成功すれば、世界の三大宗教は戦争ではなく、切磋琢磨の原理によって、各個性を活かしながら共通の理想、「地球のユートピア化」に邁進していけるようになります。
*実在界(あの世)・現象界(この世)の両次元にまたがったユートピア化です。

ネオ仏法は、そのための理論的ベースを提供していきます。

ネオ仏法の<神仏>理解

ネオ仏法で言うところの「根本仏」は歴史的釈尊(釈迦牟尼仏)の法身(ほっしん/本質部分)が、地球的磁場におけるトップリーダーとして存在し、

かつ、キリスト教・イスラム教の(大文字の)GODでもある、という神仏理解をします。

つまり、キリスト・イエスが「わが主、わが父」と呼んだ存在と、イスラム教における「アッラー」は同一の存在であり、その”至高神”がすなわち、法身仏としての釈迦牟尼仏である、という理解です。

法身仏としての釈迦牟尼仏は、『法華経』で言うところの「久遠実成(くおんじつじょう)の仏陀」であり、『華厳経』の教主「大毘盧遮那仏(だいびるしゃなぶつ/マハーヴァイローチャナ)」であり、密教的には「大日如来」と呼ばれています。

こうした一なる法身仏が、各地域・各時代(あるいは各次元)に応じてさまざまに顕現してゆく。

これは、”存在としての対機説法”であるとも言えます。

たとえば、仏教で言うところの、「阿弥陀如来」は「久遠実成の仏陀」の「慈悲」の部分が実在界における「現象」として顕現した存在である、という理解をします。

もちろん、釈迦牟尼仏とその法身である「久遠実成の仏陀」、以外にもさまざまな高度な霊存在があります。キリスト・イエス、ムハンマドももちろんそうです。日本では、天照大神もいらっしゃいます。

ただそうした存在も、大元をたどっていけば、すべて「久遠実成の仏陀」の理想の実現のための働きをしており、またさらに、それら仏陀・救世主的存在の補佐役として、諸菩薩・諸天使がおります。

*その諸菩薩・諸天使がさらに、おのおの「神」と呼ばれることもあるため、「神概念」に混乱をきたしておりますが

仏や神がさまざまな名称を持っているのは、同一の神・仏が時代や地域・風習・民族によってさまざまな名称で呼ばれ、理解されているということです。

これは、J・ヒック(著書『神は多くの名前をもつ』など)の「宗教多元主義」の思想とほぼ軌を一にします。

プロフィール

名前:高田祥(たかだ・しょう)

  • 1967年 神奈川県生まれ
  • 早稲田大学法学部卒

仕事:スモールビジネス経営者、投資家、コンサルタント
趣味:娘(9才)に遊んでもらうこと
好きな音楽:マーラー、ビートルズ、ハービー・ハンコック、Perfume(バラバラです・笑)
好きな映画:『ゴッドファザー』『ブロンクス物語』などマフィアもの。コメディも好きです
一番読み返した本:横山光輝の漫画『三国志』、『アルセーヌ・ルパン全集』

ミッション

「ネオ仏法」で、

  1. 新時代・未来社会にも適合する真理の体系を構築し、後世への遺産にすること
  2. ひとりでも多くの方を、自利利他の実践をする広義の菩薩(天使)へと導くこと

実在界での働き

実在界における専門分野は、<総合の学>としての思想・宗教哲学の探究。西洋的には「智天使」、東洋的には「観自在菩薩(アヴァローキテーシュヴァラ)」としての働きがメインです。
*もちろん目に見える証拠は出せません
たとえば、

  1. 「ネオ仏法」の内容が、「20世紀最大の哲学者」と呼ばれるハイデガーの哲学を超えているか?
  2. 「ネオ仏法」の内容が、『般若心経』の観自在菩薩が説示している内容を超えているか?

が、証明である。としか言えません。

Tetramorph_meteora