人生の意味とミッションとは? – ②波動エネルギー理論

棲み分け

”波動エネルギー理論”とは?

人生の意味とミッションとは?シリーズ2回目です。
1回目からご覧になりたい方はコチラから。

前回のお話を一言で要約しておきますと

人間の本質は、肉体ではなく、”実存エネルギー”である。したがって、肉体がなくなった(一般に言う、”死んだ”ということ)後も、アイデンティティを維持したまま生命は存続する

ということでした。

さて、人間の本質を”実存エネルギー”と定義いたしました。これは、”生命エネルギー”と言っても良いです。

ここで”エネルギー”の一側面について考察してみましょう。

エネルギー、とりわけ、生命エネルギーの特質として、「一定の波動を持つ」ということがあります。スピリチュアルでもよく、「波動が良い」「波動を上げる」といった言い方をしますよね。

波動が良い/波動が悪い、ということの根本にあるのは、ともかくも、「波動がある」という事実に他なりません。

私たち、生命エネルギーは良きにつけ、悪しきにつけ、つねに一定の波動あるいは波長を発しているのです。

波長

この世でも生きていると、なぜか相性の良い人/わるい人がいますよね。一緒にいて居心地の良い人/よくない人と言っても良いです。

相性の良い人とは、一言でいえば、波動が同調しやすいということなのです。逆も真なりです。

これは理論以前に、体感的に分かりますよね。この世でもふつうに、「波動が良くて心地よいね」とか「あの人とは波長が合う」といった言い方をします。

そう、人は心の状態に応じて一定の波動(あるいは波長)を発していて、波動が似通った者同士が惹かれ合うという性質があるのです。

ちょうど、周波数を合わせると特定のラジオ放送をキャッチできるのと同じ原理です。

そして実は、むかしから宗教などで言われている天国・地獄や神仏、天使、悪魔…こういった存在は、この波動エネルギー理論で説明をつけることができるのです。

 *波動エネルギー理論は、”波動理論”とつづめて表現することもあります。ネオ仏法で使用するターム(用語)です。

とりあえず、前回の話も含めて、ここまでの考察を整理しておきましょう。

  1. 人間の本質は、実存エネルギーである
  2. エネルギーには波動の側面がある。つまり、実存エネルギーは波動エネルギーでもある
  3. 波動が似通ったものは惹かれ合うという性質がある。これが、波動エネルー理論(波動理論)である

波動理論で解明する霊界、天国/地獄、神仏、天使

天国/地獄は、波動の一致する者同士が創り上げている世界

さて、実存エネルギーには、”波動エネルギー”の側面があり、「波動が近い者同士が惹かれ合う」性質があるというお話をしました。

そうはいっても、この世においては、波動の近い人、いわゆるウマが合う人ですね、こうした人とばかり一緒にいるわけにはいきません。

なぜなら、ご飯を食べるために仕事しなければいけないから、勉強のために学校に行かなければいけないから、です。

すごく簡単な話ですよね?

あなたが今日も明日も、嫌な人と一緒にいなければいけないとしたら、あるいは、好きな人と離れなければいけないとしたら、その理由をつきつめると、「ご飯を食べなければいけないので仕方なく」ということであるはずです。

仏教ではここのところを、四苦八苦のなかで、怨憎会苦(おんぞうえく)/ 愛別離苦(あいべつりく)と定義しております。

  • 怨憎会苦:嫌な人と会う苦しみ
  • 愛別離苦:好きな人と別れる苦しみ

です。

ご飯を食べなければいけないから、こうした苦しみがあるということは、逆に言えば、ご飯を食べる必要がなければ、こうした苦しみを味わう必要がなくなるということでもあります。

それでは、「ご飯を食べる必要がある」のはなぜか?と言いますと、これは当然、「肉体があるから、肉体を存続させなければいけないから」ということですよね。

これは逆に考えれば、肉体がなければ、肉体を存続させる必要がなければ、ご飯を食べる必要がなく、そうすると、仕事や学校に行く必要もない、ということ。

仕事や学校に行く必要がなければ、怨憎会苦と愛別離苦はありえない、ということになります。

ここの「肉体がなければ」というのが、すなわち、一般に言うところの「死ぬ」ということでもあるのです。

そしてこれを前回のお話とからめると、

「死んでもじつは死んでいない、実存エネルギーとして生命の存続は続いていく、ということであれば、死後の世界は、波動が合う人と一緒にいる世界である」

ということがなんとなく想像がつくかと思います。

そう、これが霊界および天国と地獄を考察する鍵になるのです。

天国地獄

つまり、霊界というのは、「波動が合う人たちが一定数集まって創り上げている世界」なのです。

閻魔大王がいて、「あなたは天国、あなたは地獄」というふうに、”すでにある世界”にポイポイと投げ込まれるというよりは、

たとえば、心優しい人(=優しい波動を発している人)同士が集まって、結果的に創られている世界が天国である、ということです。

逆に、心醜い人(=醜い波動を発している人)同士が集まって、結果的に創られている世界が地獄、ということになります。

 *ただし、方便的に、あるいは霊界の導き手として、”閻魔大王”的な存在もおります

天国/地獄にも段階がある。霊界には横割り構造がある

上述したのは、心優しい人/心醜い人、というざっくりとした二分法でした。

これは、道徳的にいえば、善と悪ということになります。

善人同士が集まって結果的に創り上げている世界が天国であり、悪人同士が集まって結果的に創られている世界が地獄、というわけです。

このように考察を進めていくと、むかしかから、「善人は天国へ、悪人は地獄へ」というのが実際に真実であることが分かりますよね。むかしのひとは現代人よりも霊的で、体感的によく分かっていたのです。

さて、善人と悪人と言っても、実際にはいくつかの段階があります。

すごくかんたんに整理すれば、

  • 完璧と言っていいくらいの善人
  • かなり善人
  • どちらかというと善人
  • どちらかというと悪人
  • かなり悪人
  • 完璧と言っていいくらいの悪人

という段階論です。

これがいわゆる、天国/地獄の段階論になっているわけです。

この世でもあまりに徳が高い人といっしょにいると、「すごいな、会えて素晴らしい」とは思っても、なんだか畏まってしまって、なんとなく居心地がわるくなってしまうでしょう。

逆に、悪人であっても、さらに凶悪な人物と出会えば尊敬(?)はするかもしれませんが、しまいには逃げ出してしまうでしょう。

これはつまり、

  • 波動が高すぎて一緒に居づらい
  • 波動が粗すぎて一緒に居づらい

という状態です。

つまり、「心優しい」と言っても、ひとくくりにはできず、「どれだけ優しいか?」あるいは「優しい上に、さらに能力が高い」とか、によって天国にも段階ができているわけです。逆も真なりです。

これが天国/地獄の段階論になっているわけですね。霊界には横割りの構造があるということです。

霊界には、趣味・嗜好によって縦割りの構造もある

つぎに、縦割りの世界についての考察に入ります。

自分と人格的・能力的なレベルでは同じくらいであっても、趣味や嗜好が違えば、やはり長く話題が続かなかったりしますよね。

たとえば、モーツァルトと空海が同じくらいの高さの天国にいるとします(仮に、ですよ)。

ところが、モーツァルトは音楽家ですし、空海は宗教家ですので、興味関心や専門領域に違いがあるわです。

そうすると、会うことは可能であるかもしれないけど、長くは一緒には居づらいという側面がでてきます。

やはり、モーツァルトであれば同レベルの音楽家同士で一緒にいることが多いでしょうし、空海であれば、同レベルの宗教家同士で一緒にいることが多いでしょう。

霊界にはこのような、横割りの”棲み分け”もあるのです。

  

つまり、ここまでの話を要約すれば、

波動が合うというのは、イコール、「趣味・趣向・価値観が近くて、かつ、人格力・仕事力が同じくらいの人」

ということになります。

これが、波動エネルギー理論、波動理論です。

やはり、人は居心地に良い方向へ流れますので、波動が合う人とずっと一緒にいたくなるわけですね。

各々が、死後、波動の合う人同士で集まって、結果的に、特徴のある「世界」を創り上げているわけです。

これが、神仏の目から見ると、大雑把に”天国と地獄”に分かれるということになりますし、また、天国と地獄のそれぞれの中でも、無限に近い世界ができているということになるのです。

たとえば、生前、愚痴や不平不満が多く、それが魂のクセになってしまっている場合、同じように、愚痴や不平不満が心のクセになってしまう人同士で集まって、完結した世界を創っているのです。

あるいは、短気な人。怒りっぽい人は、死後、同じように、短気で怒りっぽい人同士で集まって、完結した世界を創っています。

この、「怒りっぽい、戦闘的である」人々が創り上げている世界を、昔から、”修羅界””などと呼んでいるわけです。

色欲が強い人はそういう人同士で集まって、”色情地獄・血の池地獄”を創っています。肉体的な欲求や本能に振り回されて生きて生きた人は、”畜生道”という世界を創っています。

このように、波動の似通った人同士が集まって、結果的に、”修羅界”とか”畜生道”とか、あるいは、”天界”などの世界ができあがっている、ということなのです。

また、別の例えで考えてみましょう。

コップの中の水に砂を混ぜて、振ってみると、しばらくは泥水になりますが、時間が経つと、比重の重いものは沈殿してコップの下の方へ行きますよね。

比重

そして、比重の軽いものは上澄み液と言うか、コップの上の方へ行きます。

このように、心の波動が粗い人は下の世界へ趣き、心の波動が精妙な人は上の世界へ赴くということになるのです。

これが、おおざっぱに言う、”天国と地獄”ということです。

そして、比重の重いものでも、さらにその”重さ”によって、どこまで下に行くのか。あるいは逆に、比重の軽いものでも、どれだけ”軽いか”でどこまで上のほうへ行くのか。

そういうことで、霊界というところは、ちょっと分類が難しいくらいの階層構造になっているのです。

その階層構造を仏教では、6段階に分類したり10段階に分類したりしているわけですね。

以前から、ネオ仏法の記事を読んでいる方であれば、「十界論(じっかいろん)」を思い浮かべるでしょう。

 参考記事;天台智顗(てんだいちぎ)の十界 ー スピリチュアルな出世の段階一覧

十界もいうなれば、まだまだ大雑把な分類ですが、あまり細かく分けてもかえって分かりづらくなりますので、10分類くらいでいいのかな?と思います。

いわゆる菩薩界(キリスト教などで言う天使界に相当する世界)であっても、お経(*華厳経)によっては、さらに52段階に分けたりしています。

 参考記事:菩薩五十二位でチェックする狭義の菩薩と広義の菩薩

52段階の上がもう仏界(ぶっかい)ということで、仏に至るまで合計53段階あり。「東海道五十三次」の53という数字は、ここに由来しているという説もあります。

有名なダンテの『神曲』はこうした霊界の構造をかなり克明にかつ高度な文学として描いております。

ダンテ

久遠実成の仏陀=天にまします父=アッラー

そしてさらに、これらの考えを敷衍(ふえん)して行きましょう。

階層構造になっているということは、上の方(つまり天国)へ行けばいくほど、一定の上限がありまして、いわゆる、トップの霊人(至高の実存エネルギー存在)がいるわけですね。

地球という完結した磁場におけるトップの方々です。会社で言えば、”代表取締役””専務取締役”などに相当するでしょう。

この、地球のトップですね、むかしから”至高神”と言われている存在が、仏教では”法身仏”とか”久遠実成の仏陀”と言われている存在なのです。

キリスト教では、”天にまします父”であり、イスラム教では、”アッラー”と呼ばれている存在です。

つまり、

  • 仏教:久遠実成の仏陀
  • キリスト教:天にまします父
  • イスラム教:アッラー

ということで、

世界三大宗教でそれぞれ信仰されている存在は、名前は違えど、実は同一の存在である、と私は認識しています。

そしてここの論点が、宗教間の対立を根本的に克服するための鍵になってくると思っております。

かんたんに言えば、「結局、同じ神様なんですよ。なので、喧嘩する必要はありません。」という論理ですね。

今回はこの部分に深入りしませんが、まさにこの論点を突き詰め、解明していくことが宗教多元主義であり、究極のエキュメニズム(教会一致主義)であり、ネオ仏法の使命そのものであるのです。

守護霊とはなにか?

ところで、よく「魂が肉体に宿って」と言いますが、じつは魂のすべての部分が地上に降りてくるわけではないのです。

実存エネルギーの多くの部分を霊界に残してきているのです。

よく言われている”守護霊”というのは、(守護霊の定義にもよりますが)、自分以外の別の存在と言うよりも、霊界に残している自分自身のことです。

霊界に残してきている部分が守護霊として、地上に降りている部分を見守っているわけですね。そして、地上生活で新たに得た知識や智慧、スキルなどを共有しているわけです。

それが、同じようにエネルギー存在であっても、天国の最上階に住んでいるような霊人になると、相当な巨大なエネルギーになりますので、

たとえば、釈尊やイエス・キリストであっても、地上に降りている部分は全エネルギーのほんの一部ということになるわけです。

ひとつ実存エネルギーのなかで、さらにエネルギー分化して順繰りに地上に生まれてくるというシステムになっております。

これがいわゆる、輪廻転生(りんねてんせい/りんねてんしょう)なのです。

続き⇢→「人生の意味とミッションとは? – ③地獄に落ちる条件と脱出方法

期間限定無料Eブック特典

【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

3 件のコメント

  •  なるほどですねー。「引き寄せの法則」と言っても魔法ではないから,自分の思っていることを全て現実化できるわけではないのですね。また,時間もかかるということで,結局努力は必要ということですね。誰もが心で思っただけですぐにイチローになれるわけはないと(笑)その点,波動理論の方が直接死後どの世界に赴くかを自らの意志で決める修行ということで,死後の世界を信じている身としては引き寄せの法則よりも実践的に思えます。ありがとうございました!

  • 波動理論と引き寄せの法則は根本的な原理としては同じです。

    ただ、「引き寄せ」のほうは地上的な自己実現、ということで、
    現実化するまでに一定の時間がかかり、また、実現の仕方・場所・方法などが、
    当初予想していたより変わってくることがあります。

    これは要は、真の自己実現はまず実在界でなされ、それが現象界的に「翻訳」されるので
    時間がかかったり、かたちが変わるということです。

    なので、その間、「時間を耐える」という修行が入ってきますねー。

  •  毎度素晴らしい記事をありがとうございます。この「波動理論」はネオ仏法の根幹をなす理論だと考えているのですが,波動理論は巷で言うところの「引き寄せの法則」と似ていますよね? 良い考えを持っていれば,良い出来事が起きる。悪い考えなら,悪い出来事,といった具合にです。両者はほぼ同一のものと考えても良いのでしょうか?あるいは,「波動理論」と引き寄せの法則は,ここが違う!といった相違点がありましたら,教えてください。よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください