「般若心経」の悟りを超えて – ⑩受想行識 亦復如是

前回の続きで、今回はシリーズ10回目です。
*シリーズ初回からお読みになりたい方はこちらから→「般若心経」の悟りを超えて -①
*『般若心経』全文はこちらから→祈り/読誦

受想行識 亦復如是

読み:じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ

現代語訳:感受作用、表象作用、意思作用、認識作用もまた同じ(空性)である

「受想行識(じゅそうぎょうしき)」とは、”五蘊(ごうん)”のうちの4つを指すのでした。

復習したい方は、第5回めを参照ください。

亦復如是(やくぶにょぜ)」とは、「またかくのごとし」つまり、「それもまた同じである」という意味です。

すなわち、

受想行識も、「色即是空 空即是色」と同じように理解せよ、ということですね。

したがって、

「色即是空」を受けて、五蘊(ごうん)を並べていけばよい、ということになります。

つまり、

  1. 即是空 空即是
  2. 即是空 即是
  3. 即是空 即是
  4. 即是空 即是
  5. 即是空 即是

となります。

2.以降を現代語訳しておきますと、

2. 感受作用も実体ではない(空性である)、実体ではないものが(空性が)感受作用を形成している

3. 表象作用も実体ではない(空性である)、実体ではないものが(空性が)表象作用を形成している

4. 意思作用も実体ではない(空性である)、実体ではないものが(空性が)意思作用を形成している

5. 認識作用も実体ではない(空性である)、実体ではないものが(空性が)認識作用を形成している

と、このようになります。

なんだか難しくなってた!という方は2つだけに分けて理解しておきましょう

五蘊は、ざっくり2種類に分けると、

  • 色:物体
  • 受想行識:精神

です。

物体+精神で、とりあえずは人間のすべてが構成されています。

この2種類だけで現代語訳しますと、

  • 物体はこれ空性であり、空性がすなわち物体である
  • 精神はこれ空性であり、空性がすなわち精神である

というふうになるわけですね。

「何もかも空性である(実体ではない)」とまとめてもいいのですが、「〇〇は空性である」「△△も空性である」……というふうに、順番にぶった切っていくと勢いがついて、より執着がとれそう(?)です。

今回は、第5回めとほぼ同じ内容を述べています。

262文字しかないのに同じことを?という疑問もありますが、実はこのあとにもう一度出てきます(笑)。

なぜこれだけ「空性である(実体ではない)」にこだわるのか?

「念押しで執着を断ってほしい」と言えばそれまでですが、ちょっとした歴史的経緯もからんでいるかもしれません。

この点に関しましては、次回の「諸法空相」のところでご説明いたします。

続き→→「般若心経」の悟りを超えて – ⑪舍利子 是諸法空相

 

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください