憑依霊を外す方法- 心の三毒(貪瞋痴)の内省

貪瞋痴

憑依関連記事の続きです。笑

憑依現象は日常茶飯事!?
憑依されているかどうか、どう見分けるのか?

憑依を外す方法を知るためには、まず、憑依の原因を知らなければいけません。

その原因とは、当サイトで何度か申し上げている「波動理論」ですね。

すなわち、人間の本質はエネルギーであり、エネルギーは価値観や想いの性質によって一定の波動を持つ。そして、その波動が近い者同士が惹かれ合う、という法則です。

詳しくはコチラの記事をご参照ください。
→「生まれてくる意味と目的って何だろう? – ②波動理論

ゆえに、憑依霊を外す方法は自ずと明らかになりますね。

つまり、自らの思いと行為を省みて、神仏の心に一致していない部分があれば、内省を行い、修正をかけていくことです。

キリスト教的に言えば、「悔い改める」ということです。

そして、心の波動を変えていけば、自然と憑依霊は離れていくことになります。

これがまず、王道中の王道です。

そのための内省の手段として、仏教では八正道という内省の方法があります。
参考記事:「八正道のアウトラインと構造、効能

今回のテーマに沿った、心の波長を変えていく、ということで言えば、八正道では、大きくは「正思」の内容ということになります。

そして、正思では、伝統的には、「心の三毒」もしくは「六大煩悩」の点検をしていきます。

心の三毒とは、貪・瞋・痴(とん・じん・ち)と言われるもので、それぞれをご説明しますと、

  • 貪…貪(むさぼ)りの心
  • 瞋…怒りの心
  • 痴…愚かな心

ということになります。

これもいろいろな記事で取り上げていますが、今回は、ちょっと別の視点から書いてみます。

貪瞋痴というと、「とりあえず並べてみた」という感じがしないでもありませんよね?

この心の三毒は以下のように整理すると分かりやすいです。

つまり、前提として、

痴…愚かさ、智慧のない状態があり

その結果、心の働きとして、

  1. 貪(過剰に惹きつけたいという執着が起きる)

    もしくは

  2. 瞋(過剰に排斥したいという執着が起きる)

    という理解です。

こういった、過剰な心がないか?そして、その前提として、どういった智慧が足りないのか?(痴の部分)を考えていくと、内省しやすいです。

過剰な心ってどうやって分かるの?ということですが、

分かりやすいのは、

ふと気づいたら、ついあることを考えて悶々としていることは何か?」というチェックポイントです。

つい考えてしまう、ということは、執着になっているということですね、

そして、執着をするということは、自分の想いが一点を向いているということなので、それに応じた一定の波動を出し続けていることになり、憑依を招きやすい、という構造になっています。

仏教で、「執着を去れ」と説かれているのは、実践的な意味ではこういう理由です。

決して、浅薄な道徳的な理由だけで説いているだけではないんですね。

今回は、心の三毒について書きましたが、次回は、六大煩悩について書いてみますね。

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください