天国地獄大地獄の真相を探ってみた

天国地獄大地獄

地獄より深い大地獄がある?

のっけから何ですけど、私は”天国地獄大地獄”という指遊びがあることを知りませんでした。「天国地獄」で何気なく検索してみたら、この検索キィワードが出てきたので、「むむっ?」と知ったのですけどね(笑)。

”天国地獄大地獄”は指遊びの一種で、名前を指おっていった結果、どこに当たるか?みたいなゲームだろうと思うのですが、今回問題にしたいのは、「天国地獄大地獄は本当にあるのか?」というテーマです。

このゲームを考えた人の直感が面白い、と思うのは、「地獄より深い”大地獄”というものを考えついた」というところです。

トランプゲームで言えば、貧民の次に大貧民がある、みたいな発想ですかね、

地獄にはいろいろな種類と、浅さ・深さがあると、何度か記事にしているとは思いますが、地獄をざっくり分けると、たしかに、地獄/大地獄に分類するのは真実に近いかな、と思うところもあります。

天国・地獄はそもそもあるのか?

まず、天国・地獄って本当にあるの?道徳的な作り話か、何かの脅しのために創られたものじゃないの?という疑問がありますよね、現代人にとっては。

結論から言えば、天国・地獄はあります(キッパリ)。

ただし、昔から言われているように、天国・地獄という空間をあらかじめ神様が用意して、人を(魂を)ポポイのポイと投げ込んでいるわけではありません。

ここのところ、「神が(仏が)いるのなら、地獄なんてあるのがおかしいでしょ?だから信じられないんだ」という疑問も当然あるでしょうし、また、これは神学的にもけっこう深いテーマなんですよね。

真実は、「魂の性質に応じて、似た者同士が集まるところが天国・地獄(・大地獄)である」ということになります。

人の心(≒魂)は一定の波動を持っていて、波動が似通った者同士が惹かれ合う性質があります。

この法則をネオ仏法では波動理論と呼んでいます。

これは体感的に、なんとなく分かるところですよね。

実際に、「今日は仕事をしなくても良い日なので、嫌な上司と付き合う必要がない」という前提であれば、やっぱり、”気が合う”人といっしょにいたいじゃないですか。

なぜ、気が合う人と一緒にいたいかというと、それは、”気が楽だから”という理由でしょう。

さて、

人間が死ぬということは、とりあえずは、肉体の機能が停止するということです。これは無神論の人でも異存はないと思います。

そしてさらに、心(精神、魂)は生き続けた場合、どうなるか…?ということです。

これは先の前提ですね、死ぬということは要するに、「仕事をしなくても良い日、嫌な上司と付き合う必要がない」という状態がずっと続くということです。

そうすると、これもまたさっきと一緒で、「仕事とか生活の軛(くびき)がないのであれば、気が合う人とずっと一緒にいたいな」という状態になりませんか?

これが天国・地獄を考えるためのキィポイントなのです。

つまり、先に”波動”という言葉を出しました。バイブレーションですね。びびっとくるやつ。

この”波動が似通う者同士が結果的にある空間を作っている状態がざっくり分けた天国・地獄なのです。

”結果的に”というのがポイントで、あらかじめ天国・地獄を神様が用意してポポイのポイではないっていうことですね。

自らの魂の性質に応じて、自発的に(自動的にと言ったほうが正確かもです)赴く世界が天国・地獄です。

たとえば、”恨み・つらみの心”でもって亡くなった(肉体の死を迎えた)場合、その人は、同じように”恨み・つらみの心”を持った人と惹きあって同じ空間を作り上げていきます。これがいわゆる、”地獄”です。

一方、”平穏で優しい心”でもって亡くなった(肉体の死を迎えた)場合、その人は、同じように”平穏で優しい心”を持った人と惹きあって同じ空間を作り上げていきます。これがいわゆる、”天国”です。

つまり、ざっくりと言えば、

善の心を持った人同士が結果的に”天国”という空間を作り上げ、悪の心を持った人同士が結果的に”地獄”という世界を作り上げている

ということになります。

その上で、

善の心にもいろいろな種類があり、悪の心にもいろいろな種類がありますので、その種類に応じた世界が展開しているのが、いわゆる”あの世”なのです。

たとえば、”恨み・つらみ”はとくにないけれど、情欲に支配された心を持った人は、同じように情欲に支配された人同士で集まり、一定の空間を作り上げています。この空間のことを”色情地獄”とか、”血の池地獄”とむかしの人は名付けたわけです。

あるいは、色欲はとくに強くないけれど、常に怒りの心・戦う心に支配されている人は、同じように怒りの心・戦う心に支配されている人同士が集まり、一定の空間を作り上げています。この空間のことを”阿修羅地獄”とむかしの人は名付けたわけです。

ここで大事なことに気づかねばなりません。

波動の種類・質によって赴く世界が決まるのであれば、仮に地獄に堕ちてしまったとしても、内省して心の底から悔い改めれば天国的な波動に変わってくる。結果、地獄を脱出できる、ということです。

これが波動調整の本当の意味です。

これは超大事なことなので覚えておいてくださいね。

大地獄ってどんなところ?

さて、いよいよ大地獄ですね。

宗教的に”大地獄”というピッタリとした用語があるわけではないと思いますが、それに相当するような世界(空間)はやはりあります。

仏教的に”大地獄”に相当するのは、いわゆる”無間地獄”でしょう。

無間地獄は”五逆の罪”を犯したものが赴く世界と言われています。

五逆とは、

  1. 父殺し
  2. 母殺し
  3. 阿羅漢殺し
    *阿羅漢:悟りをひらいた聖者のこと
  4. 仏身から血を流させること
  5. 僧団(サンガ)の和合を乱すこと

とされています。あとに行くほど罪が重いとされています。

1.と2,はお分かりですよね。

3.-6. の共通点は、「真理が伝わることを妨げる行為である」ことです。

さきほどから見てきたように、人間の心(魂)は、生き通しの存在です。そういう意味では、肉体は期間限定の”魂の乗り物”のようなものです。

なので、その”生き通しの存在”の健康に関わる”真理”を妨げてしまう行為は、”肉体という乗り物”をこわす殺人よりもはるかに罪が重いとされているわけです。

これは、逆に考えれば、真の成功論が予測できるんです。

つまり、「真理が伝わることを妨げる行為」がもっとも重い罪であるならば、「真理が伝わることを助ける行為」がもっとも功徳が高い、ということになります。

この場合の功徳というのは、天国でも一番上のほうの天国へ赴く可能性が高い、ということです。

そして、このように天国の一番上のほうに赴いた魂がいわゆる”天使”という存在です。
*仏教的には、”菩薩”

心や魂に関わることは、コンパスをくるっと回転させるように、最低と最高が分かれることになりますので、ぜひここを深く考えてみてください。

大地獄の特徴をもう一つ挙げておきます。

地獄については、”気づいたらその世界にいました”というタイプの方がほとんどだと思います。本稿で述べているような真理・仕組みを知らなかったということですね。

一方、大地獄にいる人のなかには、開き直って悪魔化している存在がおります。

悪魔とは、いわば「ある程度の神仕組みは知っているのだけれど、それを知りつつも確信犯的に反抗している存在」です。

憑依とはなにか?

反抗とは、影響力の大きい地上の人間に憑依して、その人の人生を狂わせ、その影響下にいる多数の人の人生を迷わせてしまう行為です。

そして多くの人を地獄へ引きずり込んで、自らの勢力(地獄界全体の勢力)を拡張しようとしています。これが悪魔です。

ここまでやると、地獄に堕ちてからもさらに罪を重ねることになりますので、ほとんど永遠と思われる時間を地獄最深部で過ごすことになります。

大地獄までは至らない普通の(?)地獄霊も地上の人間に憑依することができます。いわゆる悪霊です。

これはさきに述べた”波動理論”を使っているわけです。自分と似たような波動を発している地上人を見つけてはフラフラと引き寄せられるように憑依していきます。

そして、自分も地上に舞い戻ったかのような錯覚の世界を楽しんでいるわけですね。

そのまま憑依状態が続けば、その地上人は死後、悪霊と同じ世界に赴くことになり、さらにまた地上人に憑依…といったふうに悪循環に入ることがあります。

もっともそういった事態に対抗すべく、天使たちも地上人にインスピレーションを与えたり、自ら地上に生まれてちからを発揮していくなどを行っております。

なので、地上は天使と悪魔の勢力拡張合戦の場とも言えそうです。

私たちにできることは、

  • 波動調整、すなわち、内省行によって悪霊を引き寄せるような心の状態を正していくこと
  • できうるならば、自分も天使側にたって、真理を弘める手伝いをしていくこと

です。

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください