「般若心経」の悟りを超えて –⑭無眼耳鼻舌身意

前回の続きで、今回はシリーズ14回目です。
*シリーズ初回からお読みになりたい方はこちらから→「般若心経」の悟りを超えて -①
*『般若心経』全文はこちらから→祈り/読誦

無眼耳鼻舌身意

読み:むげんにびぜっしんい

現代語訳:目も耳も鼻も舌も身体も心も無い

前回の、「是故空中」を受けています。

「かくなるゆえに、空の悟りにおいては、目も耳も鼻も舌も身体も心も無い」ということですね。

「目も耳も…ありますけど?」と言い返したくなりますが、これは前回ご説明したとおり、

空という高い段階の悟りから観ると、目や耳…などは仮の存在であり、無いとも言える」ということです。

眼耳鼻舌身意は合計6つありますので、総称して”六根(ろっこん)”といいます。

人間を構成要素に分解するという意味では五蘊に似ていますね。

五蘊が心作用を中心に分解しているのに対し、六根は身作用を中心に器官別に分解していきます

書いて字のごとし…なのでだいたいおわかりかと思います。

それぞれ、

  1. 眼:視覚
  2. 耳:聴覚
  3. 鼻:嗅覚
  4. 舌:味覚
  5. 身:触覚
  6. 意:心作用

となります。

五蘊(色受想行識)とどう対応しているか?と申しますと、

  • 色:眼耳鼻舌身
  • 受想行識:意

と、こうなります。

六根については、おもに「認識作用」を問題にするときに使います。このことは次回以降でご説明いたします。

少し予習しておきましょうか。

感覚器官にはそれぞれ対象がありますよね。

眼(視覚)に対しては”景色”がある、といったふうに、六根についてそれぞれに6つの対象があります。これを”六境(ろっきょう)”と言います。

  • 六根:認識の主体
  • 六境:認識の客体

というふうに、認識論においての主体と客体(対象)を表しています。

この六根の思想もやはり存在の分析にとどまらず、「執着を断つ」ために使います

私たちは、目で見たもの、耳で聞いたもの…(以下、同様)を対象に執着を作りますね。

その執着の元を断つわけです。「そもそも目なんて本来、無いではないか!なにを執着することがあろうか!」というふうに。

逆に言えば、本当に大切なもの、真理はこれらの感覚器官では捉えることができません。

このテーマを、キリスト教最大の教父アウグスティヌスが主著『告白録』第10巻第6章にて、美しい文章をもって展開しています。

少し長いですが、美しい詩になっていますので引用しておきます。この詩を味わいつつ、本稿を閉じましょう。

*詩の中でアウグスティヌスが呼びかけている「あなた」とは主なる神そのものです。

ところでわたしはあなたを愛するとき、

わたしは何を愛しているのでしょうか。

物体の美しい形でもなく、

過ぎ行く時間の飾りでもなく、

目に心地よい眩しい光の美しさでもなく、

花や香油や香料のかぐわしい香りでもなく、

マナや蜜のよい味でもなく、

肉の抱擁を受け喜びにひたる肢体でもありません。

わたしがわたしの神を愛するとき、

このようなものを愛しているのではありません。

(中略)

そこでは場所を捉えない光がわたしの魂を照らし、

時間に奪い取られない声が響き、

風に吹き散らされない香りが漂い、

食べても減らない糧が提供され、

飽きることを知らない抱擁があります。

わたしがわたしの神を愛するとき、

わたしが愛するのはこのようなものです。

続き→→「般若心経」の悟りを超えて –⑮無色声香味触法 無眼界乃至無意識界

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください